Category Archives: スカイプでテレセ

彼女とのエロイプについて

エッチな事というと様々なプレイがありますがその中でもエロイプというのもがある事をご存知でしょうか?
エロイプとはスカイプを利用してエッチな会話を楽しむプレイです。
実は私はそんなエロイプを彼女と一緒にやっているのですがその事について書いてみたいと思います。
彼女とは学生の頃から付き合っていたのですが就職の関係で遠距離恋愛になってしまいました。
それまでは普通に会いたい時にあう事が出来ていましたしエッチな事も出来ていました。
しかし遠距離恋愛になるとそう気軽には会えないので性欲が溜まっていく一方でした。
私だけでなく彼女もそう思っていたようだったので前々から気になっていたエロイプを試しにやってみないかと誘ってみました。
すると彼女も興味を持ってくれたようでOKしてくれたので実際にやってみる事になりました。
最初のうちは音声のみでお互いにオナニーしながら状況を伝えていくというプレイをやってみました。
実際にやってみると見えないのでより興奮することが出来たので思っていたよりも気持ち良かったです。
それに慣れてくるとビデオ通話でお互いにオナニーを見せ合うようになりました。
また私の方からお願いしてバイブなどを使っているところを見せてもらったりもしました。
やってみた感想としては思ったより気持ち良くてある程度は欲求不満が解消できました。
ただ実際に触れられないので少し物足りないと感じるところもありました。
その影響もあってから久しぶりに会ったエッチする時には今まで以上に激しいエッチができました。
それが凄く気持ちよかったので今でもエロイプをやっては会った時に激しいエッチをやっています。

年上のお姉さんに憧れて

僕は一人っ子だったのか何なのかは分からないが、ずっと昔から年上のお姉さんと仲良くなれたらと思っていました。社会人になって始めたスカイプ…最初は年上のお姉さんと話が出来たらという気持ちで始めたは良いが、まさか初めての相手が僕好みのお姉さんになるとは思いも寄りませんでした。
僕が22歳の童貞だという事を明かしたら、30前半と名乗るその女性は童貞の僕を食べてみたいと言ってきました。最初は軽くその話を流していましたが、1ヶ月近く経過したある日のこと…。
 「私のオナニーを見てみない?」と言ったかと思いきや、パンツをすぐに脱ぎ出し画面の奥でМ字開脚をするお姉さん。生まれて初めて見る女性器というのはこんなにもグロいのか…と思いましたが、お姉さんはすぐに自分の指で女性器辺りを擦り始めました。静かな僕の部屋にお姉さんの喘ぎ声が響き渡り、僕の心臓は今にもはじけそうでした。10分くらい経過するとお姉さんの指が次第に早く動きだし、僕は自分の体が揺れ動くのがバレないように自分のモノをしごきだしました。お姉さんが画面の奥でオナニーをして、それを見ながら自分もオナニーするという事に快感を覚えました。
 お姉さんの声が一段と大きくなり体がビクンビクンと動いたのと同時に僕も果ててしまいました。僕のズボンの回りは精子でベトベトとなりましたが、お姉さんにしごいていた事を知られたくないので平然を装っていました。
 「ずっと黙ったままだったけど、どうせしごいていたんでしょ?」と、まるでいじめっ子のような言い方といやらしい顔で僕の事を見つめてきました。後で知ったのがこれはスカイプではなくエロイプだったということです。

ネットで知り合った人妻とエロイプをした話

実は私はネットで知り合った人妻とエロイプをしているのですがその事について書いてみたいと思います。
私の趣味は動画の投稿なのですが投稿した動画の説明欄にTwitterのURLをを書いておくことが多いです。
それを見て私のTwitterに来てくれたのがその人妻でした。
Twitterを通じて話しているうちに仲良くなっていきLINEで毎日のように話すようになりました。
色々と話す中でその人が人妻でセックスレスに悩んでいるという事を知りました。
よくその事について相談に乗っているとある日エロイプをしないかと誘われました。
理由を聞くと流石に実際に会うのは抵抗があるようでネットを通じた性欲処理に付き合ってほしいとのことでした。
私自身も興味があったのでOKして実際にやってみる事にしました。
その人は少しMな所があったのでスカイプを通じて私の命令に従ってもらうという感じのプレイをしました。
ビデオ通話をしながら私のオナニーをさせたりバイブを使わせたりと色々とエッチな命令をしまくりました。
それがしばらく続くと彼女の方から私のペニスが見たいと言ってきたので見せて上げると物凄く興奮していました。
それからはお互いにオナニーを見せ合ったりするようになりました。
ただ本番までは出来ないのでむしろ欲求不満になる一方で思い切って実際に会わないかと誘いました。
すると彼女も同じことを感じていたのか会ってくれることになりました。
当日になって会ってみると美人な上に巨乳で何としてもホテルに連れていきたいと感じるレベルの人でした。
まずはお酒を飲みながら会話を楽しむところから始まり十分にリラックスさせたところでホテルに誘いました。
ホテルの部屋に着くとお互いに裸になり抱き合いながら激しいキスをしました。
キスが終わるとシックスナインでお互いに性器を愛撫し合いました。
本番ではエロイプで溜まっていたものを発散するように激しくしたら彼女は何度もイキまくっていました。
それかも彼女とはエロイプで溜めては実際に会って激しいエッチをしています。

エロイプで失敗してベテランと新人の違いがよく分かった話

私は最近エロイプと言うのにはまっています。
エロイプと言うのは簡単に説明をすると世界中で通話が出来る便利なツール、Skypeを使ってお互いにエロトークやお互いにオナニーを楽しむと言う普通にSkypeをしていたらあまり出来ない楽しみ方です。
そんな変わった使い方をしていると時々予想が出来なく事が起きるんですね。
今回はこのエロイプをして失敗した体験談を話します。
私はエロイプをする時はお互いに役に徹してやる事が多いです。
これはどう言う事かを説明すると、まず片方の人が攻め役にもう片方の人が受け役になります。
攻め役の人は自分が相手の主導権を握っていると思い、ひたすら相手を言葉攻めにします。
そして受け役の人は相手に完全に支配されていると思い、オナニーをします。
こうする事によって攻め側は相手を支配している謎の高揚感を持つことが出来て非常に興奮します。
そして受け側は相手に身を全て預けているので、Mの素質がある人がやると何時ものオナニーが別物になるような快感が得られます。
これは私がエロイプを始めた時に親切な女性の方(30代前半の人)が教えてくれたやり方です。
これを教えて貰い早速30代の人とやってみると、不思議な事に2人で作った世界観に引き込まれ、何時もの1人でする行為が数倍、数十倍と非常に楽しく出来たんですよね。
ただお互いに演技しているだけなのにこのワクワクする感覚、まるで最初にオナニーを覚えたあの頃の様に感情が高まってきます。
そして私はその方法をもっとやりたいと違う女の人(20代前半)にやり方を教え、実践したのですがこれが大失敗でした。
先ほど30代の人は慣れているから良いのですが、今度は私と20代の子二人とも慣れていないです。
そうするとどうなるか、グダグダになります。
私も20代の子も演技がとても良いとは言えません、そうすると声は棒読み、セリフはよく噛むなど、とてもじゃないけどオナニーどころではありません。
結果は盛り上がる事がなくそのまま終了です。
この事で私が学んだ事は30代の人がどれだけ素晴らしいエロさを持っていたのかがよく分かります。
あのとてつもない快感が恋しくなってしまったので今は演技を勉強してエロイプを楽しむと言う事をしています。