エロイプで失敗してベテランと新人の違いがよく分かった話

私は最近エロイプと言うのにはまっています。
エロイプと言うのは簡単に説明をすると世界中で通話が出来る便利なツール、Skypeを使ってお互いにエロトークやお互いにオナニーを楽しむと言う普通にSkypeをしていたらあまり出来ない楽しみ方です。
そんな変わった使い方をしていると時々予想が出来なく事が起きるんですね。
今回はこのエロイプをして失敗した体験談を話します。
私はエロイプをする時はお互いに役に徹してやる事が多いです。
これはどう言う事かを説明すると、まず片方の人が攻め役にもう片方の人が受け役になります。
攻め役の人は自分が相手の主導権を握っていると思い、ひたすら相手を言葉攻めにします。
そして受け役の人は相手に完全に支配されていると思い、オナニーをします。
こうする事によって攻め側は相手を支配している謎の高揚感を持つことが出来て非常に興奮します。
そして受け側は相手に身を全て預けているので、Mの素質がある人がやると何時ものオナニーが別物になるような快感が得られます。
これは私がエロイプを始めた時に親切な女性の方(30代前半の人)が教えてくれたやり方です。
これを教えて貰い早速30代の人とやってみると、不思議な事に2人で作った世界観に引き込まれ、何時もの1人でする行為が数倍、数十倍と非常に楽しく出来たんですよね。
ただお互いに演技しているだけなのにこのワクワクする感覚、まるで最初にオナニーを覚えたあの頃の様に感情が高まってきます。
そして私はその方法をもっとやりたいと違う女の人(20代前半)にやり方を教え、実践したのですがこれが大失敗でした。
先ほど30代の人は慣れているから良いのですが、今度は私と20代の子二人とも慣れていないです。
そうするとどうなるか、グダグダになります。
私も20代の子も演技がとても良いとは言えません、そうすると声は棒読み、セリフはよく噛むなど、とてもじゃないけどオナニーどころではありません。
結果は盛り上がる事がなくそのまま終了です。
この事で私が学んだ事は30代の人がどれだけ素晴らしいエロさを持っていたのかがよく分かります。
あのとてつもない快感が恋しくなってしまったので今は演技を勉強してエロイプを楽しむと言う事をしています。

About